私たちは、志望する会社に合格することはもちろん!        就職活動を通して、社会人として通用する人財を育成します!

就職活動のゴールが「内定」だと思っていませんか?

みなさんは、就職活動を行うにあたって、何を求めますか?
一つでも多く内定を獲得すること!?人より早く内定を獲得すること!?一流企業から内定をもらうこと!?
本当にそれでいいのですか?
みなさんが、これから行う就職活動は、一つの会社でずっと仕事を続けていくとすれば、
40年以上働くことになるということを理解していますか?
2010年の大学卒業者の就職率は60.8%で、約40%もの学生が就職できない!という厳しい状況。
そのため、早く就職活動を始めないと!とか、たくさんの会社を受けないと!とか、みなさんも不安や焦りを覚えてしまいますよね。しかし、ここに大きな落とし穴があるのです。
それは何なのか?

35%もの人が、3年以内に会社を辞めてしまう。その原因は?

大学卒の新卒の学生が、企業に入社して3年以内の離職率が35%にも及ぶのです!!
しかも、一度会社を辞めてしまった後は、厳しい転職市場で戦う必要が発生します。
何のスキルも経験も実績もない人が、転職市場で受け入れられることは非常に難しいことなのです。
何故、そのようなことが起こるのでしょうか!!
それは、就職活動を行う学生の目的が、内定を獲得することにあるからに他なりません。
安易に会社を選び、内定を獲得することに重点を置き、就職活動を行った結果が、35%の離職率 なのです。

就職活動の本当の意味は、社会人として活躍するための「成長」にある。

そのため、私たちは就職活動を単なる「内定獲得」と位置づけるのではなく、 60%の内定獲得者 になることはもちろんのこと、複数の内定策を獲得しながら、就職活動を通して、社会人として 成果を出す人財への成長をサポートしていきます。